発熱時にコリほぐしは行ってもいいの?〜病原菌が全身に広がっちゃうかも〜

ホッティー薬店お手伝い嫁のようこです。理学療法士のお仕事もしています。

 

前にもお伝えしたと思いますが、ホッティー薬店の片隅で、細々と肩こりバイバイサロンを開設予定です。

がしかし、今、店内の間仕切りをどうするか?でなかなか前進できておりません。

しっかり目だけど手頃な取り外し可能なパネルの取り付けを検討していましたが、見積もり結果は予算オーバー。


今はまだこんな小スペースにそんな大金使いたくないホッティーとヨメ。

まだ仕切りなくパーパー状態。

担当の方もいろいろ考えてくださり別案も検討中。

今の流れはそんなところで停滞中。ご報告までに、です。

 

そんな中、お問い合わせが1件ありました。

 

風邪を引いて体もだるく、肩こりがひどくなったのでほぐしてもらえませんか、と 。

 

夫のお客様だったので、私と直接やり取りしたわけではありませんが、上記のような状態でなんとなく想像してしまうのは、熱の出始めの可能性も…。

 

そうなると体に良くないため、夫経由で、熱がある時はやらない方がいいですよ、と伝えてもらいました。その後連絡があり、少し熱が出てきたところだったそうで、今回来店には至りませんでした。

 

風邪や熱がある時に血流やリンパの流れを良くするようなマッサージやコリほぐし的な行為はやらない方が無難と考えます。

 

熱が出そう、出ているということは、ウイルスや細菌が、リンパ節内で白血球やマクロファージの貪食作用により、それ以上増殖しないよう、全身に広がらないように食い止められているような状態です。

そのような時に、血流やリンパの流れを促進してしまうとウイルスや細菌が全身に広がってしまい、最悪の場合肺炎とか髄膜炎とか敗血症とか…


想像しただけでも怖いです。

 

なので、

体調不良や発熱時は、整体、リラクゼーションなどにより体の血流を促進するようなことは絶対にやめておきましょう(*゚∀゚*)


堀田庸子
堀田庸子
1976年生まれ。名古屋市名東区亀の井のホッティー薬店のお手伝いと店内併設「肩こりバイバイサロン」を担当しています。毎週木曜日は整形外科クリニックで理学療法士のお仕事もしています。 サロン開業のきっかけは、産後の授乳や抱っこによる辛い肩こり体験から。同じような肩こりの悩みを持つママや同世代の女性が元気になるお手伝いをしたいです。 看護師、理学療法士、登録販売者資格あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です