お酒に飲まれた私の父の事〜同じ目に合わないために〜

ホッティー薬店お手伝い、嫁のようこです。

早死にした父の事


           ↑↑

私の父です(^^)

昔はお父さんそっくりね〜!

ってよく言われました。


↑↑

そんなに似てる??(笑)

   

後遺症

そんな父は、私が小2の時に大病を患いました。

手術で一命をとりとめリハビリ後仕事も復帰。

 

頸髄の病気だったので、手足の痺れ、片足の跛行←びっこをひく歩き方、が後遺症として残ってしまいました。

それでも59歳まで仕事はなんとかやってました。

田舎の総合病院の医事課勤務。

   

後半は、体がしんどいのに年齢的に長がつく役職にイヤイヤ就ていたみたいです。

しんどいのにはそれなりの理由がありました。

   

お酒好き

そんな父

昔っから弱いくせにお酒が大好き。

  

酔っ払うと何言ってるかわからないし、お酒くさいし、家族の誰かと喧嘩したりするし、

  

多分、私の幼少期…それなりに大好きだった父の事ですが、だんだん、だんだん、なんでこんな人が私のお父さんなんだろーーー、とか、関わりたくない存在になっていった・・・そんな風だったなーーーと今思えば的な記憶と感情が蘇ってきます。

    

ハンパない飲酒量

私自身もお酒は好きだけど… 家で旦那と飲むにしても350mlか500ml缶を半分ことか可愛いレベル(笑)

   

父の場合、休みの日なんかは500mlのビールや発泡酒を1日に10本以上開けていたと思います。

どんなアホだ!てかアル中やんか!!

  

肝臓への負担

肝臓の主な働き


まだ働き盛りの時の父は、健康診断前はなんとかつくろう形で禁酒していました。

その頃は肝機能の数値を気にする事ができるだけまだマシだったんですね。

  

でもその場しのぎの小手先のテクニックみたいなものに肝臓は騙されません。

 アルコールは薬とおんなじ。

長年かけてヤクヅケになった父の可哀そうな肝臓ちゃん。

   

肝硬変なりかけだったと思います。

たまに実家に帰ると、

父の皮膚は土色、白眼の部分は黄色っぽくなっており明らかに解毒力が低下し黄疸が出ておりました。

お腹もポッチャリ幼児体形。

  

当時バリバリ働くナースで師長をしていた母に父の事を言っても、本人全然聞かないし、足が痺れて後遺症が辛くてお酒に逃げてるのもあるのよー。と。

   

誰にも止めることができず、

肝臓は本来の役目を果たすにしてもキャパオーバー!!

どんどん疲弊していったと思います。

  

そんなこんなで抵抗力も落ちて風邪を引いたのがキッカケでした。

 

死に目には会えず

父の人生後半、私は実家を離れており、看護師として名古屋に就職。

  
父が亡くなったのは、結婚して、理学療法士の専門学校に通っている時でした。

抵抗力が落ち  

冬に風邪をこじらせ肺炎

→人工呼吸器装着、寝たきり3ヶ月

→心不全・心停止

    

看病には、理学療法士の学校が春休み中だった事もあり名古屋から一度だけ数日間帰省。
それ以外は母もいる病院だったので、母や親戚の女子がメインで付き添ってました。

  

私が名古屋に戻り、そのあと数週間後の4月に死去。

  

名古屋からなので距離的な事もあり死に目には会えませんでしたが、葬儀には参列。

  

自業自得

浴びるようにビールを飲みまくり、タバコも吸いまくっていた父ですから、自業自得の早死にだと私は思いました。

もう死んだ人は戻ってこないしアル中の人がまた戻ってきたら大変(笑)(^^)勘弁してー!

  

 

ただ

今ならまだ間に合うっていう人には

ミラグレーンを取り入れて、正気に戻って欲しいなって思います。


はっきり言って

私の父みたいに抑制が効かなくなるまで行っちゃうと

周りが大迷惑するんです。

  

現代人は特に毒を体に取り込んでいるかも?!

現代人は昔に比べると

ただでさえ添加物やら精製され過ぎた食塩や砂糖、遺伝子組み換え食品、過剰に使用される人工的な薬品

などに体は侵されている人が増えてると思います。これは意識しないと変えられないなって思います。

   

ツイッターとかFBの投稿見てても

甘いものや辛いもの

体に良くなさそうな、食べ物に限らず日用品の新商品や話題性のあるもの

チェーン店のいかにも毒々しい食べ物をしょっちゅう投稿している方多し(°_°)

  

奥さん、お弁当作ってくれないのかなー?とか

毎日こんなに食べて体調悪くならないのかなー?とか

そんなもの使う必要本当にあるのー?とか、

     

・・・

 
まぁ、取捨選択するのそれぞれ個人の自由です(^^)ハイ!

  

でも家族や自分を頼りにしてくれてる人のことも考えて欲しいなって思います。父の事を思い出すと・・・。

  

ミラグレーン


二日酔いに効く薬、ミラグレーン!

  

これだけ飲めばなんでも許されると思ってもらってはもちろん困ります!(^^)

普段から食生活、気をつけて下さいねっ!適度な運動も!
    

でも、まずは二日酔いや飲み会で家族や友人に迷惑をかけたくないっ!って

周囲に気を配れる方に

ミラグレーン!オススメです。 

 

【 お知らせ!】

現在、父の日企画開催中

ミラグレーンを買うと

いろいろオマケが付いてきます♡

  

プレゼントに♡

自分用に♡

 税抜き5000円以上で送料無料♡

 

①小 175錠 4580円+税+送料

②中 350錠 8300円+税

③大 550錠 12000円+税

    

どうか、お酒好きのかた、偏った食生活のかた、

 

家族を愛してください。

  

自分を痛めつけないで下さい。

 

 問い合わせ方法↓↓

・ツイッターの方はメッセージから

・フェイスブックの方はメッセンジャーから

お気軽にお問い合わせ下さい♡

 

     
ホッティー薬店

薬に頼らず体質改善させちゃう薬屋 『ホッティー薬店』

営業時間 10:00~17:00

休→ 日・月

電話番号 050-1574-1579

住所 465-0094 名古屋市名東区亀の井2-243

駐車場 店舗前 女性でも簡単駐車 2台完備

最寄駅 地下鉄 一社駅 徒歩10分

通信販売(問診必須)5000円以上で送料無料


堀田庸子
堀田庸子
1976年生まれ。名古屋市名東区亀の井のホッティー薬店のお手伝いと店内併設「肩こりバイバイサロン」を担当しています。毎週木曜日は整形外科クリニックで理学療法士のお仕事もしています。 サロン開業のきっかけは、産後の授乳や抱っこによる辛い肩こり体験から。同じような肩こりの悩みを持つママや同世代の女性が元気になるお手伝いをしたいです。 看護師、理学療法士、登録販売者資格あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です